生理が正常な場合の期間や周期

低用量ピルは避妊以外の効果も期待出来る

低用量ピルは、ホルモン製剤の含有量を抑えて作られている経口避妊薬です。
そうでない経口避妊薬よりも副作用が起こり難いため、国内のクリニックでは低用量ピルを処方するところが多いようです。
経口避妊薬といえば文字通り、避妊目的で服用する薬というイメージがありますが、低用量ピルは避妊以外にも様々な効果が期待できるので、治療としても処方されています。
役立つピルの飲み方を知ることで女性特有の悩み事を解決させましょう。

例えば、生理不順や生理痛を引き起こす、月経困難症の治療としても活用されています。
低用量ピルは21日間、ホルモン製剤が入っている本薬を服用した後は7日間休薬するか、ホルモン製剤が含まれていない偽薬を飲むことになるのが特徴です。
服用をストップした7日間の間に生理が始まります。
低用量ピルを上手く使えば、正常な約28日の周期に戻すことができるので生理不順の治療に処方されるようになりました。

また、子宮内膜が厚くなり過ぎるのを防ぐ効果があり、月経量が多いといった月経困難症も解消できます。
さらに生理痛を引き起こす物質の生成も抑制するので、生理時の痛みも大幅に軽減することが可能です。

女性は生理時だけでなく生理の前にも、不快な症状を感じるケースがあります。
排卵後、黄体期に入った後に起こるPMSです。
PMSは頭痛や胸のハリや痛みといった身体的な症状の他にも、イライラする情緒不安定になるといった精神的な症状も引き起こします。
排卵後、急激に女性ホルモンバランスが変化するので、この変化に身体がついていけず身体的・精神的な不調を感じるようです。

低用量ピルには女性ホルモンと同じ働きをするホルモン製剤が含まれています。
服用すると女性ホルモンバランスを一定にキープできるため、PMSの予防や緩和に効果的です。
さらに近年、日本人女性に増えていると言われている卵巣がんのリスクを抑える効果も、低用量ピルにはあると言われています。

卵巣がんは子供を産む機会が減り、多く排卵することが発症の引き金になると言われています。
低用量ピルを服用することによって、排卵が一時的にストップするため卵巣がんのリスクを抑えられるという仕組みです。
このように低用量ピルは女性の不調を解消したり、身体を守ってくれる有効な薬となっています。

低用量ピルをニキビや肌荒れ対策に使用

避妊目的で服用する以外にも、低用量ピルはニキビや肌荒れ対策としても使用できます。
ニキビや肌荒れが起こる原因は様々ですが、特に皮脂分泌が多くなるとできやすくなるようです。
肌にはアクネ菌という常在菌がいるのですが、この菌は人の皮脂をエサにしています。
皮脂の分泌が多くなるとエサが増えたことによって、アクネ菌も増殖してしまい結果ニキビや肌荒れを引き起こします。

さらに、皮脂が毛穴に詰まることもニキビ・肌荒れの原因です。
実は女性の場合、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、皮脂が過剰に分泌されるようになると考えられています。
女性ホルモンバランスが崩れたことによって、皮脂の分泌を増やす男性ホルモンが優位に働くためです。
女性だからといって女性ホルモンだけが作られている訳ではなく、少量ながら男性ホルモンも分泌されています。

女性ホルモンバランスが整っている時であれば、男性ホルモンが悪さをすることはありません。
しかし、バランスがおかしくなってしまうと男性ホルモンの作用によって皮脂の量が増えます。
そしてニキビや肌荒れができるという仕組みです。
ホルモンが原因で起こっているので、スキンケアを丁寧に行ったり食事に気を付けても、なかなか治りません。

そこで、低用量ピルの出番です。
低用量ピルは女性ホルモンと同じ作用をする、ホルモン製剤が含まれています。
服用することによって女性ホルモンのバランスが整うため、皮脂の分泌が抑えられニキビや肌荒れの解消に繋がります。
女性ホルモンバランスの崩れが原因のニキビは、あごなどフェイスラインにできやすいのが特徴です。

もし、フェイスラインに肌トラブルが起こりやすいという場合は、女性ホルモンのバランスを整える低用量ピルで治療を行ってみてはいかがでしょう。

人気の記事