生理が正常な場合の期間や周期

女性にとって重要なエストロゲンについて

女性ホルモンは妊娠できるよう身体を整える・妊娠したらその状態を維持する・無事に出産する事に必要で、それを目的に存在しています。
女性ホルモンは1種類ではなく、エストロゲンとプロゲステロンがバランスをとりあって分泌されています。
約28日のサイクルで分泌量がそれぞれ多くなったり少なくなったりするのですが、女性ホルモンが女性の心身にもたらす効果はどの様なものなのでしょうか。

エストロゲンは20代から30代に安定して卵巣から分泌されます。
思春期から始まりますが、40代等の更年期には減少します。安定している20代の時期が出産適齢期と言えます。
主な目的は上記の内容ですが、主な働きは基礎体温を適正にしたり子宮に作用して、子宮内膜を増殖させ、厚くすることや、乳腺の発達を促すといった出産の為の準備に必要な働きをします。
それ以外でも脳の活性化や骨を丈夫にしたり、自律神経を安定させる働きがあります。

逆にエストロゲンの分泌が少ないと物忘れや骨粗鬆症、自律神経が乱れて更年期障害の様な症状も現れ、多い時と真逆の事が起きます。
プロゲステロンは基礎体温を適正にし正常な月経周期を保つ事や妊娠の成立を助け、受精後の子宮環境を維持する働きがあります。
女性ホルモンは女性にとってとても重要な存在と言う事です。

更年期になると自然と分泌が少なくなってきますが、それにより膣の潤いも減少します。
現在ではプレマリンクリームというエストロゲン不足を補う効果があります。
プレマリンクリームはその事からアンチエイジングにも効果があると期待されています。

上記の様に女性にとって美は大切なテーマですが、エストロゲンは別名美のホルモンとも呼ばれています。
肌のハリにはコラーゲンとヒアルロン酸が鍵というのは知られていますが、その合成をサポートする働きが女性ホルモンにはあります。
その為不足すると合成も不足するのでたるみやしわが発生しやすくなってしまいます。
美しい髪の生成にもコラーゲンが重要であり、エストロゲンが合成をサポートするので髪を美しく育成してくれます。

以上の様に健康や出産等の身体の事や美の為に、女性ホルモンは欠かす事のできない存在なのです。
だからと言って多ければ多い程良いというものではありません。
女性ホルモンは自分でコントロールするのが難しいのでサプリ等で補う方法もありますが、逆に多い事で健康リスクもあるという事は頭に入れておく必要があります。

エストロゲンの分泌が多いと子宮内の病気になる?

女性ホルモンであるエストロゲンが不足すると、妊娠しにくくなったり骨粗鬆症や動脈硬化等のリスクも高まります。
美のホルモンなので増やす事で女性らしい身体を作る事にもなりますが、多ければ多い程良いというものではありません。
現代の女性は乳ガンや子宮の病気が増えています。

生涯の月経回数が増え、エストロゲンの分泌も長期間にわたっていることが影響していると言われています。
戦前は生涯月経回数は50回ぐらいだったのですが、今は400回以上であるという研究データもあります。
初潮が早まっている事や出産数の低下から月経回数が増えている要因です。

エストロゲンは乳腺や子宮にも強く作用します。
生涯の月経回数が増える事等でエストロゲンの分泌量や分泌期間も長くなり、その分乳腺や子宮に負担を掛ける事にもなります。
こうした背景から分泌量が多かったり期間が長い事で子宮内の病になりやすい状況となっています。
女性が気を付けたい子宮内の病気では、子宮内膜症や子宮のガンがあります。

特に女性ホルモンの影響が考えられているのは子宮体ガンです。
初潮の時期が早くなっている事や、妊娠・出産しないことで月経回数が増えるためにエストロゲンの分泌期間が増えてしまうのが原因と言われています。
子宮以外でも影響があると考えられているのが乳ガンと卵巣ガンです。

早期発見・早期治療は良く聞く言葉ですが、ライフスタイルや環境の変化している現代の女性にとって重要な言葉です。
各市町村では検診も行っているので、定期的に検診する事が推奨されています。
以上の様にエストロゲンの分泌が多い事や長期間である事から、女性特有の病になるリスクがあります。
必ずしも発生するものではありませんが、知っておく事が大切です。

人気の記事