生理が正常な場合の期間や周期

更年期障害に対してピルの服用が効果的!

更年期障害とは40代半ば~50代半ばの女性に多くあらわれるさまざまな症状のことを指しています。
このような症状は女性ホルモンと密接な関係があると言われており、女性の体内で作られる女性ホルモンは年齢を重ねるごとに減少してしまいます。
女性ホルモンは卵巣で分泌されていますが、30代半ばに分泌量がピークとなります。
そして、40代半ばになると卵巣の働きが衰えてしまうため、女性ホルモンの分泌量も急激に減少するということです。

すると脳の視床下部が女性ホルモンを分泌するように指令を出しますが、卵巣は指令を受けても十分な量の女性ホルモンを分泌することができません。
結果として視床下部がパニックを起こしてしまいます。

視床下部がパニックを起こすと自律神経にも影響が出てしまいますし、交感神経と副交感神経の切り替えが上手くできなくなってしまうということです。
自律神経が乱れると寝ている時に交感神経が優勢になってしまうこともありますし、不眠や眠気などといった症状が出てしまうこともあります。
その他にもホットフラッシュやスウェッティング、頭痛、眩暈、肩こり、倦怠感など全身にさまざまな症状が出てきます。

ちなみに、ホットフラッシュは顔が火照る症状のことですが、スウェッティングは汗が大量に出てしまうという症状です。
火照りと汗が出るメカニズムは共通している部分が多く、この2つの症状は同時に起こってしまうことが多いです。
ホットフラッシュとスウェッティングが不安で外出を控える人もいるということです。

45歳以上の人の更年期障害の治療には婦人科でホルモン補充療法が行われることが多いですが、30代半ば~40代前半くらいであまり更年期障害が酷くない場合、ピルが使われることもあります。
ピルというと避妊薬というイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし、女性ホルモンが配合されているため、更年期障害で悩んでいる人にもおすすめの薬となっています。

ピルにはいろいろな種類がありますが、婦人科の更年期障害の治療では低用量ピルが使われることが多いです。
低用量ピルは配合されているホルモンの量が少ないため、副作用のリスクも低いと言われています。

更年期障害はホルモン補充療法で治療!

更年期になって閉経が近づくと女性ホルモンの分泌量が低下してしまうため、ホットフラッシュやスウェッティングなどさまざまな症状が出てきてしまいます。
更年期障害を改善するためには少なくなった女性ホルモンを補うことが大切であり、婦人科でホルモン補充療法を受けると良いでしょう。
顔の火照りやのぼせ、動悸、息切れなどの症状にはすぐに効果が期待できますし、イライラや不安などの改善にもかなり役立ちます。
更年期障害を改善するため、ホルモン補充療法を始めたらすっきりしたと感じている女性も多いです。

ホルモン補充療法は更年期障害の症状を改善することはもちろん、他にもさまざまな効果が期待できます。
血中のコレステロール値を下げる効果があるので動脈硬化の予防に繋がりますし、コラーゲンの減少を抑えることで美肌効果も得られるでしょう。

また、骨粗鬆症やアルツハイマー病の予防効果も期待できるということです。
ホルモン補充療法は一般的に閉経直前に開始するのが良いと言われています。
しかし、既に閉経してから何年か経っていても、それ以降の老化を緩やかにすることはできますし、アンチエイジング目的で治療を受けても良いでしょう。

ホルモン補充療法を始めたいけれど、副作用が心配な人もいるかもしれません。
この治療の副作用としては、乳房の張りや痛みなどといったものがあります。
治療を開始したばかりの頃は気になるかもしれませんが、そのまま続けていくうちに気にならなくなることがほとんどです。

症状がなかなか治まらない場合はホルモン量を調節するなどして対処していきます。
ホルモン補充療法を行うとがんのリスクが高まるのではないかと気になっている人もいるでしょう。
しかし、子宮頸がんとの関連は特に認められていませんし、子宮体がんについては発症を抑えることに繋がります。

人気の記事